ケニアでCR7を狙う、ということ

少し前のことですが、髪を切りました。髪を切るのは好きなんです。フリーランスは気分転換の達人(すなわち自分の感情や思考を完全にコントロール)でなければならないわけで、その手段のひとつなのです。

 

この15年程ずっと、自分で切っていたのですが、床屋をしている友人が「たまには来い」と言ってくれてるし、自分で切るとどうしても限界がある。「たまには行くか」と行くことにしました。

 

 

在ナイロビの日本の方々は、こういった外国人用サロンに行くのが常ですが、

 

         

 

 

 

 

 



 

     私の友人はもちろんローカル店。

 

                          

 

 

 

 


さて、どんな髪型にしようかなと行く前に色々ググっていると、見つけてしまいました、この人。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       

 

 

おぉカッコええ!コレだ!と即決、いざ床屋(我が友、その名もルーニー)に写真を見せると、彼は0,5秒のチラ見の後、自信満々に「OK,OK!任せておけ」と言う。

 

次の瞬間、ガッと力強くバリカンを握ると、すごい勢いで刈り上げる。その鋭さ..正にCR7のフリーキック並みである。うおっ、バサッ。今までに見たこともない量の髪が一気に落ちる。…おいおいルーニー…しかしここはもう任せるしかない。

 

 

ご存知のようにアフリカ人はみんな強くカールした髪をしているので、ほとんどの男性はもう丸坊主である。要はバリカンorカミソリで一発。

 

 

 

                                        

 

 

 

しかしアジア人の髪を切るのは生まれて初めてであろうルーニーに、驚くほど迷いはなく、自信に満ち溢れている。さながらその道30年の羊毛刈り師である。この手つき…やはり名前からしてこの髪型に詳しいのだろうか...?一縷の望みを託す。なおも攻め込むルーニー。

 

 

そのうち、地元の友達がワイワイやって来て「タケシが髪を切ってるぞ」と笑いながら観戦しだす。動画撮影まで始める輩もいる(何処かのFBに載っていることでしょう) 挙句は「そうじゃない、俺にやらせろ!」「ここにZのラインを入れろっ」などど言い出す。お前ら、暇だからって、あっち行け!(笑

 


15分後にゲームセット。そのまま用事があって、会った日本人に「〇〇みたいだな」と言われたのは、ズバリこの人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 

 

                            ......!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      

                 ...おかしい...私の狙いはこれ。

              

 

 

 

 

 

                                       

                  現実はこれ。

                

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すげえ違いじゃねえか。でも同じことを計3人から言われたから、かなり当たっているよう。

 

 

まぁどっちも世界の注目を受ける人物だから、よろしいのではないでしょうか。そんな小さなこと気にしてたら、人生楽しめないよ。最高のファッションは生き方だと思ってるし。

 

 

 


余談だけど、最近すごい白毛が増えたので、そのうちシルバーアッシュにしようと目論んでいる。その昔、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で観たドクがカッコよかったんだよね。

 

 

 

 

 

                                

 

 

 

               current location :Ethiopia    back to Kenya around 20th Oct

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/119


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |