<ひとり春闘開始>

 

 

 

1月です。春です!日本の皆さんがコタツでぬくぬくしていようと、コートの襟を立てていようと、暦の上では春なのです!

 

 

「ナイロビは一年中 春」と言ったのは故・水野富美男画伯ですが(僕も大好きな画家です)、ナイロビの気候は大雑把に言えばもう雨期と乾季だけ。

 

すなわちここナイロビも今は春なので、私は春闘を始めました。と言っても賃金値上げ交渉ではなく、家賃値上げ反対運動です。

 

 

通常、アパートの家賃は大家の意向一つで「来月から何%上げますよ。つきましてはヨロシク」という強制的なものですが、私の部屋は長屋なので、同じ敷地内に住む大家(インド系、60代の女性)を含む隣人との距離は、物理的にも心理的にも異常に近い。(なんせ魚を焼くとすぐに苦情が来る)こう言った連係あるコミュニティに上から大上段の一方的通告は通用しない(と信じている)。

 

 


以下が春闘日記です。

 

 

 

大家「タケシ、そろそろ家賃を1000ksh(約1200円)上げようと思うの」


久野「何言ってんの!? 1年前に500ksh上げたばっかじゃない」
 

 

「だって最近の物価上昇を知ってるでしょう。また小麦粉も上がって」


「そんなの僕だって一緒だよっ!オレを苦しめる気かいっ」
 

 

「だってあなた、政府系機関での時々写真撮ってるって言ってたじゃない」
 

「そんなのとうにないよ!(注:Jの付く巨大組織の皆様、よろしくお願いします) 僕の収入なんて普通のケニア人とおんなじだよ」
 

 

「またまたそんなこと言って」


「大体、考えてもみてよ、僕くらい、いい入居者はいないよ。僕は売春婦も連れて来ないし、友達呼んで大騒ぎなんかもしないよ!(大家の息子は週末によく騒いでる。そういう僕もよく参戦する)」
 

 

「...」
 

「次にこんないい人が入るとは限んないよ、まぁもう少し待とうよ、スワヒリ語でもharaka haraka haina baraka(急げばまわれ)と言うじゃない。そのうち世の中も良くなるよ」

 

 

 

こんな感じの会話を3日おきにしては、のらりくらりとかわす。今回はしのげたゾ、しめしめと思っていると、敵もさるもの、矛先を変えてくる。

 

 

「アンタもずっと一人暮らしで、ちゃんとしたもの食べてないでしょう」

 とインド料理を差し入れてくるのだ。

 

 

 

                   

 


 

 

僕は甘いものは苦手なのですが、こういう心理的甘味には引っかかりそうになる。うむむ。。。

 


「アメとムチ」に屈するな!オレを甘く見るなよ!.....ブツブツ言いながら、ガツガツ食べています。

 

 

春の闘いの末、どうか御期待を!

 

 

 

 

 

             

             お花見でもしたいなぁ(ナイロビ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         

      火の車で首が回らないじょ

 

 

 

 

 

                  current location: Kenya

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/141


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |