<ピンチ到来!>

 

 

 

下の記事で登場したキーマンより「あと一年以内に結婚しなければ、我々の用意する娘と結婚せよ」という約束(というか指令、最終通告)をさせられたっ!

 

今まで何十回と逃げたりごまかしたり言い逃れしたりしてきたが、今回は彼もかなりマジなようだ。

 

 

「ラクダ10頭(=婚資、一頭は6万円位かな)なんて用意できない...」

 

と言うと、

 

「心配するな。電話一本で俺の田舎から連れてくる。明日の朝にも届く」

 

 

そういう問題じゃねーだろと思うが、相手はどこまでも真摯であり、本気だ。日本なら一年後に笑ってすっとぼけられるが、こういう時のソマリ人を甘く見てはいけない。連中はやると言ったら必ずやる。ある時呼び出されたと思ったら、式が準備されていたなんてことになりかねない。ソマリ人ラハウェイン族かオガデン族だろう、氏族まで見えている。

 

 

ワタシに残された選択肢は3つ

 

.淵ぅ蹈咾ら逃げ出す


誰かと結婚する
 

その娘と結婚する

 

 


、皚◆筬かな...どれもアタマが痛いです。。。

 

 

 

 

              current location: Kneya

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/149


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |