<back to Nairobi>

 

 

 

先日ナイロビに戻りました。撮影してきた写真は理由があって今、ここではお見せすることができないのですが、いい発表が出来るよう、努力して参ります。

 

 

ケニアに戻って現地用のSIMカードに入れ替えると、すぐに地方に住む友人から電話がある。

 

「どこに行ってたんだ!」

 

うっかり留守にするのを伝えそびれていた。ケニア人は特に用事がなくても定期的に挨拶の電話をくれる人が多い。この時も「で、元気か?そうか!じゃな!」で切れる。

 

 

この1ヶ月の間に何十回とかけてくれたのだろう。こういう人がいると「自分は恵まれているな、幸せだな」と思います。現地の人に受け入れてもらえること、仲間として見てくれること、大事に思ってくれること。外国にいて一番嬉しいのは、それだと思う。(同じく近所を歩いていると「おぉ!タケシ!」と呼び声が掛かり「やろうぜ!!」と気合満点に合法ドラッグが自動的に出てくる)

 

こういった美しい人々ともいずれ別れが来るのかと思うと、つらくもあるが、感傷的になっている暇はありません。

 

 

そして撮影で思ったよりお金を使ってしまい、気がついたら残りの全財産がラクダ一頭やっと買える程度と判明しました。余裕かましている場合じゃないです、ホントに。。。

 

 

こういうことを言うと「お前、不安定な自分に酔ってるんだろう、カッコイイとでも思ってんだろう」と言ってくれる人がいるのですが、年中馬券握りしめているようなおっさんがそんな風に思うはずもなく、僕だってもっと収入を上げなきゃ、生活を向上させなくちゃとは思っています。ただ生きることに関してstruggleしていたい、といつも思います。

 


残された時間と資金で、尽力して参ります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

     

          

      

 

 

 

    訪問国の家畜市場                10頭ください

   

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/152


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |