それぞれのW杯

 

 

 

W杯で日本は負けてしまいましたね。残念だけどここだけのハナシ、僕はアフリカ勢を応援していたので、すでに予選で終わっていました。。。^^; セネガルに来て欲しかったと思っている日本人は一体、何人いるだろう?日本にいたら殺される。。。

 

日本敗退の翌日、近所を歩くと多くの人が声を掛けてくれる。「惜しかったなぁ!強豪相手に良くやったよ!」「イヌイのあのプレイは良かった!」と僕よりよっぽど詳しい。そう言えば点が入る度に興奮して電話をくれる友人までいた。

 

試合はあまり見てなかったけれど、終了後の選手の会見は全て見た。それぞれの表情、喋り方、そして選んだ言葉が、ここまでの凄まじいプレッシャーと経緯、今の気持ちを伝えてくれる。食うか食われるかの中で勝ち残って来たアスリートの言葉は、正直試合結果よりずっと興味深い。

 

スポーツは(そして写真は)、ほとんど結果が全てとなり、他のことは忘れられる。でもあそこにいた誰もが皆、正に血を吐く様な努力をして、たどり着いている。他人の努力は見えにくい。言うまでもなくスポーツは勝ち負けを競うものだけど、本当は選手の心の強さ、高さを競ってるんじゃないか、と感じさせられました。美談かもしれないけれど。

 

 

写真の面白いところは、目に見えるものだけではなく、目に見えないものを、写っているかの様に見せることが出来ることだと思う。(叩きつける様なダイレクトな視覚的イメージではなくて、じんわりと伝わるような、見る人に想像をかき立てるようなイメージ、ということです)

 

あの心の強さを、どう写し込むことができるだろうか?自分の世界観が弱くなっている今、選手の会見を見て、それぞれの生きて来た世界の厳しさを痛感させられた、今回のW杯でした。(まだ終わってないって)

 

 

 

 

 

    

          Kenya

 

 

 

 

                      

                              Ethiopia

 

 

 

 

     

          Ethiopia

 

 

 

 

     

         Guinea

 

 

 

                 

                      Kenya

 

 

   

 

                   

                        Kenya

 

 

 

 

      

         Kenya

 

 

 

 

     

        South Africa

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/157


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |