今年もありがとうございました
 みなさま


今年も終わろうとしています。ここケニアには門松も歳末バーゲンも寒風もバラエティ特番もないため、別に「おぉ年末だな」という感覚はないのですが、珍しく振り返ってみようと思います。

えー2015年の収支は前年比80%ダウン(つまり去年の2割しかない!コンビニですぐ稼げる)となりましたが、僕は資本主義者ではないので別の物差しで計っています。「自分が納得のいく仕事がどれだけできたか」それによると、少ないけどまぁまぁかなと思います。事件事故もなくてよかった。(でもこのブログ寄稿は狙いの3分の一だった。これはマズイ。来年乞うご期待)



                   

                           (夕暮れにたたずむ少年 ケニア)




自分がしてきた仕事が目に見える形で残る職に就けたのは幸運だったと思う。嫌が応でも自分の軌跡がよく見える。

もう一つ。年齢を重ねるって本当にいいなぁと最近よく思います。
その人の時間、行動、決断が降りしきる雪のように静かに積み重なり、
今、その人がいる。


僕は、自分の年齢に恥じない人間性でいられているだろうか?答えは大いにノーだ。今年も大いに失敗し、恥をかき、他者に迷惑をかけて来た。


ーだからどうしたー

来年はもっともっとギリギリのところを攻めて行きたい。


皆様にとって素敵な年末年始でありますことを。今年もありがとうございました。




      


                   (電車内の少女 南アフリカ)
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/93


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |