自転車が好き
宝物は何ですか?僕は人から頂いた、日本でよくある折り畳み式自転車です。

小型なので、近所の子供達から「乗せてくれ!」と声が掛かる。大人からも「それ、小さ過ぎるぞ!」「イカすなー」などと人気者である。

先日はポリスにまで声を掛けられた。坂道をわっせわっせと漕いでいると、ヤマハDTの白バイが並走し、制止する。やれやれセキュリティチェックかな、とパスポートを見せながら

久「どうしたんだい、旦那? 免許ならあるよ(笑)」
警「違う違う、それいい自転車だな。おれにくれないか」
久「?どういうこと?」
警「だから、その自転車、おれの息子にぴったりなんだ。くれよ」
久「そりゃーいい、あんたのDTと交換しよう」
警「そーじゃない」

のんきなものである。

ナイロビ名物・スーパー大渋滞の横をひょこひょこ抜けていく。突如現れる穴ぼこに落ちそうになりながら、下り坂をブレーキなしで駆け抜ける。変えられぬ爽快感。ベンツくそ喰らえだ。


自転車に乗っていると時々、ガキンチョだった時のことを思い出す。初めて買ってもらった自転車の補助輪が外れ、一人で乗れるようになった時、一気に世界が広がった気がした。近所を走っていただけなのに、地平線の向こうまで見渡せて、どこまでも進んで行ける気がした。それは今も同じだ。


よく晴れた夏の空には、麦わら帽をかぶり、颯爽と自転車に乗る少年の後ろ姿がよく似合う。もう戻ることのない、思い出の中の光景だけれども。




                         
  
                           (DRコンゴ特製、木製自転車)
                 


       
                             

                           (ガーナ Takeshi KUNO@JICA)

     
                            
            

          (たたずむ少年 ケニア)
                         

(5月一杯、出張でこのブログは更新できなくなります。皆様、また来月に)
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.takeshikuno.com/trackback/98


Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |